ブログ

2020.12.14

上州・小野子山の岩場 2020年 12/13(日)

DSCF5317 (2).JPG小野子山・南尾根の西側の枝尾根上にある気になる岩峰2つの調査に行ってきました。 小野子山の南にある1152mピークの南で標高1100m付近から南西に延びている枝尾根上にある岩峰です。

DSCF5312 (2).JPG

DSCF5315 (2).JPG


DSCF5316 (2).JPG

DSCF5322 (2).JPG

DSCF5320 (2).JPG

今回、小野子山南登山口から登り雨乞山(931m)を通過して標高1100m手前からこの枝尾根に下りました。

急な下りの末に最初の岩峰の山頂に立ちましたが、南東面は切り立っており北側(右側)から巻きました。

第2の岩峰とのコルに下るところは急でしたので懸垂下降(25m)にておりました。



第2の岩峰は大きそうでしたので、コルから東側のルンゼ状を懸垂(25m)下降しました。

DSCF5324 (2).JPG

西側にはトラロープがありましたので、マニアックな方が登られているようです。

※第2の岩峰をクライミングした後の下降用なのか、単に巻道のお助けロープなのかは定かではありません。



その後は第2の岩峰の東側基部に沿って下りましたが、岩壁上にハーケン・ボルトなどの支点などは見当たりませんでした。

DSCF5326 (2).JPG

徐々に右寄りに第2の岩峰の真下に行きましたが、やはり大きな岩壁でした。


下の方の岩壁はスラブ状な岩も多くあり、フリークライミングやボルダリングには面白そうな壁でした。

DSCF5327 (2).JPG

最下部から岩峰トップまでは標高差で100mくらいはありそうでした。



上部の壁は80~90度くらいの傾斜で高さは70mくらいはありそうですね。

良くわかりませんが5.8~5.10くらいのレベルのように見受けられました。

私には登れませんが、フリークライマーでしたら興味をそそる壁だと思いました。

DSCF5330 (2).JPG

DSCF5332 (2).JPG

DSCF5334 (2).JPG

その後はこの枝尾根を忠実に下りました。

DSCF5337 (2).JPG

最後のところ林道への下りが法面の擁壁になってしまい、東側にある沢に懸垂下降(25m)して、この沢からもう一回懸垂下降(25m)して林道垰山線に降り立ちました。

DSCF5338 (2).JPG

中々面白い調査でしたが、第2の岩峰は私のレベルの上だと感じました。

簡単なルートを見つける事ができるかもしれませんが、取りあえずは藪岩山のバリエーションという事で、この2つの岩峰を巻きながら登るのも悪くないと思いました。

DSCF5339 (2).JPG

次回登るとすれば、第2の岩峰は西側から巻きあげて登ってみたいですね。



名前も分からない岩峰でしたが、どなたか情報をお持ちでしたら教えて頂けると幸いです。



元記事を読む...

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

カレンダー

«12月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

カテゴリーリスト

ブログ内検索

フィード

登山教室「山旅クラブ」

プロのガイドと会員様が一緒になって運営していく登山教室です。
常時、山・山域・ルート・ジャンルなどに関してのリクエストをお待ちしております。

検索

ページの先頭へ